今やなんでも比較する時代になってる。
家電を購入するときは店頭でスマホ片手に比較サイトで価格を調査。
一番安いところを探すなんてのは当たり前になってます。
もちろん安い店が見つかれば早速価格交渉へ。

このことと同じようにバイクの保険も比較です。
比較して一番安いところを探すのがライダーにとっても必須。
ただ、家電と違うのは単に安いだけでOKとはならない。
保険というのは保険料だけが大事なわけではないからです。

補償・対応・その他サービスがあってのバイク保険だから、節約志向が強すぎるのもどうかと思うのです。

 

バイク保険を節約する方法

バイク保険のランキングを抑えておくのは常套手段になります。
そんなにバイク保険を扱ってる通販型は多くありませんが、外資含めて10社程度はありますから
その中から自分の条件で一番保険料を安くできそうな会社を探すことが求められます。

一括で見積もりできるインターネットサービスもありますが、できれば気になる会社1社ずつへ見積もりするのがオススメな比較方法になります。その理由ですが一括サービスを使っても情報過多となってしまい、検討するのが面倒になったりしますし、そもそも余計なセールス・勧誘を受ける可能性が高いです。バイク保険の節約という意味で考えると一括サービスは良い面もあるのですが、デメリットもあるため保険会社へ直接見積もり依頼する方法を取るようにしましょう。

オススメの節約方法

現在バイク保険に加入中であればその内容を確認します。
もし未加入であれば最初に1社決めてそこでオススメプランで保険料を見積もりしましょう。

補償内容を印刷してわかるようにしておきます。
バイク保険の補償はこまかな金額を設定できるため、同じ条件で他社の見積もりを取ります。
同じ条件で比較しても無意味になってしまいます。

完全に一致させることはできないかもしれませんが、そこは自分で判断すればOKです。

ツボになるのは初年度割引です。
バイク保険会社も新規契約を優遇する傾向にあるため、初年度の契約は特別割引が適用されることが多くあります。そのため保険料を比較するときに初年度割引がどのくらい適用されてるのか確認して比較しましょう。というのも、次年度には初年度割引が適用されません。そのため今年の契約はA社と決めたとしても、来年はB社やC社のほうが有利になるかもしれないのです。
来年以降の契約も考慮して検討するのがオススメです。

投稿日:

Copyright© バイクの保険を節約したいなら基本は比較でしょ , 2019 All Rights Reserved.